PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

塩釜&旬の筍

月一のアレで、朝から頭痛の酷いみ~しゃでございます。・゚・(ノД`)・゚・。
我慢も限界で○ファリンのお世話になりますた。

お天気も、もひとつの日曜日。
ぼ~っとネットで遊んでて、こんなの見つけちゃいました。
死に様占い
ちと悪趣味

注意書もありました。

「この占いはあくまでフィクションです。
 どうぞ気軽にお試しください。
 ただし、冗談の嫌いな方や、極度にショックに
 弱い方は避けた方が無難です。
 また、占いは必ずしも的中するとは限りません。」

あくまでもジョークってことで(b´∀`)ネッ!

で、いくつかの質問に答えた結果・・
オイラの死に様はコチラだソウ。

image66.jpg


街角でオチ用金ダライって。 ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
ある意味、関西人として幸せな最後かも。(* ̄m ̄) ぷっ

しかし、残念じゃないAランクの死に様ってどんなだ


溜まりに溜まった いつぞやの晩ごはん。

image64.jpg


image60.jpg

鯛の塩釜

お魚特売の日にお安く(σ゚д゚)σゲッツした、小ぶりの天然の鯛を塩釜にしました。
①鯛は、きれーにウロコを取って、お腹を出した後にハーブをはさむ。
だし昆布2枚は、水でさっと湿らせ柔らかくしておく。
②ボウルに、天然塩1キロと卵白2個分をまぜまぜしておく。
③オーブンの天板にホイルを敷き、サラダオイルをぬりぬり。
④その上に②の塩を少し取り、お魚の大きさに広げ、昆布→鯛→昆布の順に重ねる。
⑤残りの塩で、鯛の姿が隠れるまで綺麗に包む。
⑥200℃のオーブンで40分焼く。

ひとことで言うと、想像を絶するウマさでございましたヽ(´▽`)/
塩釜で鯛と昆布の旨味が全てとじ込められ、しっとりと柔らかく、すんごくジューシーな白身でございます。
塩味もちょうどいい塩梅。(人ω`*)


image62.jpg

筍のソテー

毎年春、掘りたてホカホカ?の筍をおじいちゃまからいただきます。
今年も沢山届きました♡(人´∀`)アリガタヤ アリガタヤ~
新鮮なうちに茹で上げ、さっそく当日にお料理
シンプルにいただくのが一番と、パラパラっと天然塩をふって胡麻油でさっと炒めできあがり。
柚子胡椒や、美味しいお醤油をチョンとつけていただきます。
バターソテーにしてお醤油も美味しいざますわよ♡
旬の贅沢、ごちそうさまでした
スポンサーサイト

| ごはん | 17:57 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。